昨日の「夜桜能」まさか突然の雷雨になるとは(汗)

夜桜能170403(350変換後)



昨日の私は、古い友人のYさんと靖國神社での「夜桜能第一夜」に、行ってました。
この写真を撮った直後から、ナント突然の雷と雨に。

雨が上がった後で、「夜桜能」の番組はスタートしたのですが……、
ブルブル極寒に耐えながらの能楽鑑賞となりました。

「第一夜」はーー
・火入れ式
・舞囃子「蝉丸 せみまる」
・狂言「呂連 ろれん」
・能「杜若 かきつばた 沢辺の舞」

狂言「呂連」は、旅の僧が一夜の宿を借りたら、
その家の主人が「自分も出家したい」と言い出すーーという喜劇です。


実は、Yさんはこれから「仏道に出家・修行したい」と話していたので……、
そのはなむけの意味でも、「夜桜能」を観ることにしたのでした。
Yさんのリアルな願いと、狂言「呂連」のストーリーが、
不思議にピッタリ同調していて、興味深い(笑)。

そして日本の古い芸能である「能」が、
シャーマニズム演劇であることーー
霊的な存在や妖精、異界がまったく自然に採り入れられたストーリーであることには、
脳と意識の変容や、無意識(潜在意識)に関わるコーチングの観点からも、
本当に興味が尽きないです。



連絡先



コメント


認証コード2169

コメントは管理者の承認後に表示されます。